Top > 解説 > 制汗シートで拭き取った後にスプレーする

制汗シートで拭き取った後にスプレーする

ワキガに対して自分で出来る事についての解説記事です。ワキガを治したいと思っている人には読んでいただきたい内容です。
あの鼻にツンと来る様な臭い、きつめの体臭とは明らかに違う、ワキガは独特の臭いです。
ワキガ臭がにおい始めると、臭いを消す事はとても難しいです。
今では病院で治す方法も手術の他に、注射などいろいろある様ですが、簡単に決心はつかないものです。
そこで自分でワキガの臭いがしない様に治す方法を考えていきたいと思います。ワキガに対して自分で行える事について考えてみました。まずは制汗剤ですが、今は制汗スプレーの種類も多く選ぶのに迷うほどです。
持続効果は数時間と言われていますが、そもそもワキガ専用に作られたものではありませんので、ワキガ臭を消すには物足りなく感じると思います。
使用するのであれば、制汗シートで拭き取った後に、スプレーするといった様に兼用で使う方が効果は持続すると思います。
高い効果を求めるのならワキガ専用クリームがおすすめです。
価格も上がりますが、消臭効果、制汗作用も発揮する事が出来るので、制汗スプレーよりはワキガの症状に特化して作られた商品だと思います。
小さな事ですが、臭いを予防出来る事もたくさんあります。
洗濯は当たり前ですが、ワキの部分漂白したり、ナイロンやポリエステルの様な化学繊維で出来た素材のものを避けて、綿などの天然素材の商品を着る様にするのも良いと思います。
お風呂もとても大切だと感じます。
シャワーで済ませずに、湯船でしっかり汗を出すのも効果はあります。
今はワキガ専用の石鹸もありますので、それで体を洗うのも違ってくると思います。
男女に限らず、ワキ毛の処理はした方が良いです。
ムダ毛があるのと無いのでは、汗をかいてからの臭いが全く違います。
今はサプリメントや漢方薬などの服用で、ワキガを体の中から治す方法もある様ですが、これは個人の体質によって副作用が無いかの確認は必要だと思います。
ワキガを治すのは手術しかないけれど他にも選択肢はある

解説

関連エントリー
制汗シートで拭き取った後にスプレーする